2007年02月06日

犬ブルセラについて

今、大阪の繁殖業者飼育放棄レスキューで、大阪府が、所有権を
とり、wanlifeさんが、ボランティアに入っている。
ここにいる犬達は、ブルセラという恐ろしい病気になっている子が
います。そして、大阪府は、全頭処分の方向で、いってるようです

多くの人が、全頭救命を願って、活動をはじめているようなのですが
実は、私、これには、反対の立場をとらせてもらいます。

ブルセラは、検索するとわかるのですが、
法定伝染病で、獣医師は、みつけたら届出の義務があるのです

人蓄共通の病気で、人間に感染したら
インフルエンザと似たような症状が出るらしいのですが
問題は、臓器全部が犯されること、男性だと無精子症になる可能性があること、
軽ければ通院ですむけど、入院となるし
長期の治療が必要なのです。

ブルセラで、細菌兵器まで作られようとしてたほど、恐ろしい病気なんです。

1頭でも世に出たら・・・・
感染していく可能性は、あると思います。
もしそうなった時、責任の所在は、どこにいくのでしょう?
行政?それとも飼い主さん?

利用されるだけ利用されて、最後は、処分
そんなことが、許されていいのか?という気持ちは
わかります。でも、鳥インフルエンザで、鶏達が
多量に処分された時、どう思われましたか?
かわいそうという気持ちと共にしかたないよねって
気持ちにならなかったでしょうか?
私は、そうでした。
ブルセラにかかると牛、豚など家畜は淘汰されています。
同じ命ですよね
犬だけが、特別なのでしょうか?置かれてる立場が違うから?

私は、これ以上病気を広めない為には、しかたないことだと
思います。人間の勝手といわれれば、そうだと思いますけど、
全ての命を大切にというのなら、動物だけでなく植物だって
命ですよね、その命を奪ってるのは、生きるうえで必要なことです
人命優先はしかたないことだと思います。
まぁ、極論ですけど・・・

とは、言っても、今現在陰性である子は、救命してほしいと
願ってます。今現在陰性でも、将来的には陽性になる可能性あるけど
症状的には、軽い子達ならば、治療をうけて、定期的に検査していけば
良いと思うのです。(ブルセラは、再発の可能性があるので、完治はないそうです)
全頭救命を声高に言っても、危険を承知の上で
行政は、動かないと思います。
現実として、可能性のあることに、力を集中させたほうが
救命できるのではないでしょうか?

焦点を絞って活動していくほうが、実を結ぶ気がするのですが、
どうでしょう?

参考サイト
  

ブルセラ関連
 是非読んでみてください。わかりやすくブルセラのこと
書いてあります。

http://www.cpvma.com/eisei/burusera.html

http://www.dr-nyan.com/health/index.htm
(人畜共通伝染病・ブルセラで)

WANLIFE

http://www.k4.dion.ne.jp/~wanlife/


ネット友達のadaさんが、立ち上げたサイト

この仔たちにできること





余談だけど、
広島DPのBBS見てて
書き込もうか?と思ったこと何度もある
でも、私が書き込むことによって
軽薄な私だから、墓穴掘って
ECSRNに迷惑かけたらって思うと書き込めない。
ECSRNは、こんなに良い団体なんだよと
声高に言いたい。
預かりに対しての負担にならないように
金銭面だけでなく、相談にものってくれる。
預かり犬に対しても、手厚い医療をほどこしてくれます
歯石とりなんて、いったいどこの保護団体が
やることOKしてくれるの?
セカンドオピニオンとること許可してくれる保護団体ってそんなになくない?
里親さんに対してだって、その後のケア、忘れないし
元気な様子報せてくれる。
すごい愛護団体だと思う。誇りにさえ思うよ。
こんなことも
自分のブログだからこそ、言えることだけどね、
あちこちで書いたら単なる宣伝と思われてしまうもん
だから、ここでも、追記に書いてるんだけど・・・笑


PS  代表、ここみつかったら、私めちゃおこられちゃうかしらん?
自分のブログは、自由意見ってことで
見逃して〜〜〜〜〜!!!!!!!!
というか、見てないこと望む!
誰もチクらないように〜〜
でも、とりあえず、逃げよっと!笑
ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(;-_-)/ゼンリョクダッシュ


ニックネーム kame at 10:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳選された美女を、一握りのお客様のためにm(_ _)m http://b8y.in/
Posted by もえ at 2012年09月01日 10:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/709830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック