ブログ、お引越ししました





soudouba.jpg


 

2007年02月16日

目やに防止サプリ!

mswp21 007.jpg

最近のアンジェの写真でお気づきだと思うけど
最近、目やにが多いの
ガチャピンも多いんだけど、これは、太らせるのに脂肪分
おおめにしてあるから問題ないんだけどね
でね、どうしようか・・・と思ってたら


nes16 001.jpg

アメコのコミュで、目やにに良く効くと紹介されてたサプリが
あったの〜〜3ヶ月くらいで解消されるらしい
ってことで、早速購入〜♪


nes16 002.jpg

ついでに、アレルギー対策の玄米も購入したわん
これは、人間も食べれるんだって〜
もっとも、量少ないから、食べないけどね

結果は3ヶ月後に発表の・・・・はず??笑

ニックネーム kame at 09:48| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

トイレシート

nes12 018.jpg

我が家はほんと事件が耐えない・・・
多頭飼いの運命なのかな〜?
それとも、問題児が、多すぎるのかしら〜?笑
今回の事件は、トイレシート!



nes12 001.jpg

子犬の頃から我が家のわんらは、トイレシートで遊ぶ子いなかったし
もちろん食べたこともないの!

なのになのに・・・・


最近、たべるのよ〜〜〜顔(なに〜)


なんで?
ストレス??
フード量が突然足りなくなった??
と、悩んでたんだけど、原因わかりました

実は・・・・

我が家のトイレシートは、デオシート使ってるんだけどね
この前、スーパーの在庫処分市で、わんこが、おしっこすると
ほのかにハーブの匂いに変わるというシートがあったの
こんなお高いもの普段は買えないけど、処分市だから
デオシートと同じ値段だったのよ
もちろん、買い〜♪

そう、もうお気づきですよね、

このシートの匂いがいけなかったのよ〜〜〜

シートの中のゼリーもほどよい柔らかさと厚みもあったようで、
もしかしたら、ハーブの影響で甘かったのかも?


しかし・・・・・・

     食べるか〜?



nes12 004.jpg

気が付いてから、もうこのシートは、使わなくなったので
事件は解決したけど、この多量に余ったシート、捨てるしかないのかな〜?
もったいないおばけが、来そう〜顔(汗)

あっ、食べたのは、サンチェとハウルexclamation×2

アンジェは、食べてませ〜んexclamation

やっぱ、大人よね〜るんるん

・・・・・・・って、そういう話だろうかexclamation&question


ニックネーム kame at 09:49| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

犯人は誰?

昨晩、2階にあがった時に、あまりにも眠くて、
いつのまにやら、ベットで寝てしまった・・・
わんらは、1階に置き去り!

我が家のわんらが、そんな私を許してくれるわけもなく・・・


やられました・・・



nes10 003.jpg

あら、また、鞄?
なぜか、私のものといえば、被害にあうのは、
いつも、鞄、財布、靴・・・


犯人は・・・・



nes10 001.jpg

普通に考えると、サンチェ!
本革探索犬だからね〜
でも、この鞄、ご近所の買い物用なんだよね
だから、合皮なの!
しかも、写真見てわかるように、食べられてない!!



nes10 002.jpg

となると、アンジェ?
食卓の上に置いてたので、上がるとは、ちょっと考えにくい・・
今まで食べ物以外で、アンジェにやられたことないしな・・・
嫌味するときは、マーキングなわんこだし・・・・


nes10 004.jpg

となると、やっぱりハウルなのかな〜?
私が、降りてこないのに、怒って吠えなかったしな、
でも、ハウルの破壊がこの程度で済むとも
考えにくい!


nes8 003.jpg

完全に違うのは、ガチャピン!

歯が無い!




さて、犯人は、exclamation&question


最近のお気に入りはね・・・・
ニックネーム kame at 10:16| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

雪国の主張♪

nes7 001.jpg

今朝、目覚めると

  雪国だった

って、もともと雪国在住でしょう!ってか?
・・・・・そうとも言う〜顔(ペロッ)

って、ことで、早朝から家族総動員で、車の救出!
いつものごとく、私の車は、ほったらかしさ〜ダッシュ(走り出すさま)

まぁ、乗らないから、関係ないといえば、そうなんだけど、
いつも思うんだよね、
旦那に、車乗らなくても、エンジンだけは、毎日かけてふかすように、
言われてるんだけど、
まぁ、私のことだから、そんな毎日なんてやるわけがない!
でも、3日〜5日の間には、エンジンちゃんとかけてるの

でもさ〜、乗りもしないもの、なんでエンジンかけないといけないの?
バッテリーがあがってしまうから?
そんなの春になったら、ガソリンスタンド呼んで、バッテリー連動して
かければ、解決じゃない。値段にしても、1500円くらいなものでしょう?
どうしてエンジンかけないといけないのか、わからないんだよね、
って、こんなこと旦那に言ったら怒られるから言わないけどね
不思議でしょうがない車(セダン)

となんで、ブツブツ言ってるかというと










ガソリンがもう無いのよ〜〜ガソリンスタンド



ガソリンスタンドまで、給油しにいかないといけないのよ



私に運転しろと!
私の車、1人で救出して、行けと

  嫌だ〜〜〜〜〜〜むかっ(怒り)




nes7 002.jpg

今日は、大雪、散歩パスパス!
雪玉できるから、もちろん庭も出さない!
すねてるアンジェ君

  あとの復讐がこわ〜〜い・・・


nes7 003.jpg

能天気なサンチェ!

ハウル?いたずら中です 眠い(睡眠)
ニックネーム kame at 10:17| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

犬ブルセラについて

今、大阪の繁殖業者飼育放棄レスキューで、大阪府が、所有権を
とり、wanlifeさんが、ボランティアに入っている。
ここにいる犬達は、ブルセラという恐ろしい病気になっている子が
います。そして、大阪府は、全頭処分の方向で、いってるようです

多くの人が、全頭救命を願って、活動をはじめているようなのですが
実は、私、これには、反対の立場をとらせてもらいます。

ブルセラは、検索するとわかるのですが、
法定伝染病で、獣医師は、みつけたら届出の義務があるのです

人蓄共通の病気で、人間に感染したら
インフルエンザと似たような症状が出るらしいのですが
問題は、臓器全部が犯されること、男性だと無精子症になる可能性があること、
軽ければ通院ですむけど、入院となるし
長期の治療が必要なのです。

ブルセラで、細菌兵器まで作られようとしてたほど、恐ろしい病気なんです。

1頭でも世に出たら・・・・
感染していく可能性は、あると思います。
もしそうなった時、責任の所在は、どこにいくのでしょう?
行政?それとも飼い主さん?

利用されるだけ利用されて、最後は、処分
そんなことが、許されていいのか?という気持ちは
わかります。でも、鳥インフルエンザで、鶏達が
多量に処分された時、どう思われましたか?
かわいそうという気持ちと共にしかたないよねって
気持ちにならなかったでしょうか?
私は、そうでした。
ブルセラにかかると牛、豚など家畜は淘汰されています。
同じ命ですよね
犬だけが、特別なのでしょうか?置かれてる立場が違うから?

私は、これ以上病気を広めない為には、しかたないことだと
思います。人間の勝手といわれれば、そうだと思いますけど、
全ての命を大切にというのなら、動物だけでなく植物だって
命ですよね、その命を奪ってるのは、生きるうえで必要なことです
人命優先はしかたないことだと思います。
まぁ、極論ですけど・・・

とは、言っても、今現在陰性である子は、救命してほしいと
願ってます。今現在陰性でも、将来的には陽性になる可能性あるけど
症状的には、軽い子達ならば、治療をうけて、定期的に検査していけば
良いと思うのです。(ブルセラは、再発の可能性があるので、完治はないそうです)
全頭救命を声高に言っても、危険を承知の上で
行政は、動かないと思います。
現実として、可能性のあることに、力を集中させたほうが
救命できるのではないでしょうか?

焦点を絞って活動していくほうが、実を結ぶ気がするのですが、
どうでしょう?

参考サイト
  

ブルセラ関連
 是非読んでみてください。わかりやすくブルセラのこと
書いてあります。

http://www.cpvma.com/eisei/burusera.html

http://www.dr-nyan.com/health/index.htm
(人畜共通伝染病・ブルセラで)

WANLIFE

http://www.k4.dion.ne.jp/~wanlife/


ネット友達のadaさんが、立ち上げたサイト

この仔たちにできること





続きを読む
ニックネーム kame at 10:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする